印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

サトーホールディングス ”SOS”搭載ラベルプリンタが「2016 CRMベストプラクティス賞」に選出


【2016年11月19日】サトーホールディングスはこのほど、CRM協議会が顧客中心主義経営に向けてCRMで成果を上げている企業・組織・団体を表彰する「2016 CRMベストプラクティス賞」に選出された。

「CRMベストプラクティス賞」プログラムは、「顧客中心主義経営」を目指す企業・団体が、CRMの領域でICTを駆使していること、あるいは業務プロセスでのイノベーションを起こした企業が選出される。

サトーホールディングスの受賞は、IoT技術を用いた保守サービス「SOS(SATO Online Services)」によるもの。
同社のラベルプリンタに搭載されている「SOS」は、ラベルプリンタの稼働状況を24時間365日リモートで見守り、予防保守や迅速な現場解決など、必要なサポートを提供。稼動停止期間をほぼゼロにする。

サトーホールディングス
CRM協議会会長 藤枝純教氏(写真左)、サトーホールディングス代表取締役執行役員副社長 小瀧龍太郎

サトーホールディングス小瀧 龍太郎副社長のコメント
「当社のお客さまは幅広く、非常に多業種にわたります。様々な現場のお困りごとを絶えず聞き、お客さまとの深く長いビジネス関係を目指したひとつの結果として、今回このような賞をいただけて光栄に思います」
SOS(SATO Online Services サトーオンラインサービス)
http://www.sato-sos.com/



Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.