印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

瞳にメイク 蜷川実花デザインの新コンタクトレンズ メリーサイト


【2015年6月15日】SHO‐BIグループでコンタクトレンズを製造・販売する、メリーサイトはこのほど、蜷川実花のディレクションによるブランド「M / mika ninagawa」とコラボレーションしたコスメコンタクト「NADESHIKO COLOR」を日本・台湾・中国の3カ国で発売した。

新製品は派手なカラーコンタクトに抵抗がある、大人の女性をターゲットにしたコスメコンタクト。蜷川実花氏がレンズとパッケージのデザインを行い、日本での瞳のメイク定番化と、台湾や中国などアジアでコスメコンタクト文化を広げていく狙いがある。

製品は日本の伝統色をキーカラーにKOHAKU、BENI、HACCA、RURIの4種類をラインアップ。それぞれにアート缶(12枚入り)とアート引き出しBOX(30枚入り)を用意した。

コスメコンタクトは瞳を大きく魅力的に見せるなど、メイク発想のコンタクトレンズで、おしゃれアイテムとしての需要が増えている。同社では同製品の発売により、コンタクトレンズ使用量が世界2位の日本はもちろん、美意識の高まりを見せるアジア人女性もターゲットとして取り込んでいく構えだ。

問い合わせは㈱メリーサイト(☎052・228・7941)まで。

WS000001


Copyright © 2017 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.