プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

不二家の「マイミルキー」 簡単操作でパッケージをAR化 撮影・編集・再生を一つのアプリで!


【2016年12月21日】不二家のロングセラー「ミルキー」の箱に自分や家族、ペットなどの顔をプリントできるサービス「MyMilky(マイミルキー)」が進化して帰ってきた。

マイミルキー ミルキーカム 不二家

この「マイミルキー」は今年4月、ミルキーの発売65周年記念のキャンペーン企画として第1弾がスタートし好評を得たもの。その後、第2弾、第3弾キャンペーンでは、ウエディングや七五三などシーンのバリエーションを増やすなどで再登場し、こちらも人気を集めた。

今回始まった第4弾では、この企画にAR(各超現実)が盛り込まれ、さらなる進化を見せている。
「マイミルキー」用に新たにリリースされたのはメッセージムービーを作成・閲覧できるアプリ「MilkyCam(ミルキーカム)」。映像を撮影し、編集、それをパッケージに紐づけて拡張現実として再生できる。

マイミルキー ミルキーカム 不二家

利用はマイミルキーの作成・注文を行い、メッセージを10秒撮影するだけ。
これでパッケージデザインに合わせたぺこちゃんのアニメーション付きメッセージムービーが完成する。

デザインは、バレンタイン・卒業・ウエディング・ハート・バースデー2種類の全6種類。メッセージムービーは、端末への保存やSNSでの投稿にも対応している。
「マイミルキー」と「ミルキーカム」の開発を担当したDigiBookは、「NHK プロフェッショナル 私の流儀」アプリを制作したソフト制作会社。
「NHK プロフェッショナル 私の流儀」アプリでも、撮影と編集、それを番組のエンディング風にまとめるという機能を簡便に提供している。

マイミルキー ミルキーカム 不二家

不二家ではこの「ミルキーカム」をブランドコミュニケーションの強化と位置付けており、ミルキーファン拡大のための新たな仕組みとして展開していく。

一方のDigiBookでは、「ミルキーカム」に採用された「DigiBookフォトムービーシステム」を、「購入した一次消費者だけではなく、その商品を手にした二次的な消費者へもコミュニケーションの輪を広げ、アプリを通じて継続的な企業側から情報発信等も可能なため、商品のPRや販促に活用できる」としており、今後さらに採用を進める構えだ。

マイミルキー第4弾キャンペーンは 2016年12月20日~2017年2月10日(金)まで。メッセージムービー閲覧期限 : 2017年12月19日(火)まで 。

アプリダウンロード
iOS https://itunes.apple.com/us/app/id1182849834
Android https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.fujiya_peko.android.milkycam



Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.