プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

大日本印刷 光の映り込みを防ぐフィルムを貼ったディスプレイの測定評価に含まれる誤差を簡易に確認できる「ぎらつきコントラスト評価方法」を考案

LINEで送る

【2022年11月29日】大日本印刷(DNP)はこのほど、光の映り込みを防ぐ「防眩(ぼうげん)フィルム」を貼ったディスプレイ表面のぎらつき現象の測定で、測定評価に含まれる誤差を簡易に確認できる「ぎらつきコントラスト評価方法」を考案した。

DNPが考案した測定画像からの2画像の切り出し例。1件のディスプレイ画像から抽出した2つの画像データの差分を統計処理する

この方法では、1件のディスプレイ画像から2つの異なる画像を抽出。その2つの画像データの差分を統計処理することで、測定技術者の知見に依存せずに、データ間の誤差を簡易かつ定量的に推定できる。その結果、より適切なデータ比較が可能となり、評価結果の精度の向上につながるという。

毎年行われるディスプレイ技術の国際会議「IDW(International Display Workshop)」にて、2020年に、DNPが講演したこの手法が学術的にも高く評価され、世界的に権威のある論文誌「Journal of the Society for Information Display(Journal of SID)」の2022年9月号「Best of IDW2020特集」に論文が掲載された。


防眩フィルム有無での画像比較例。(左)ディスプレイ(防眩フィルム無し)、(右)防眩

今後、DNPはスマートフォンやTVモニターなどさまざまなディスプレイの高精細化により誤差のない評価が重要になるなか、今後もぎらつきコントラストに関する最新技術の開発に取り組み、学会などで発表していく。
また、これらの研究開発で培った技術をDNPが開発・提供するディスプレイ用の防眩フィルムの性能向上に展開していく。

掲載された論文情報
“Error Analysis of Sparkle Contrast by Applying Image Subtraction Method”,
Makio Kurashige, Gen Furui, Kazutoshi Ishida, Shumpei Nishio, Mitsuhiro Kuzuhara, Hiroko Suzuki, Jun Tsujimoto, Masayuki Tsunekawa, Yukimitsu Iwata, Norinaga Nakamura,

J. Soc. Info. Display 30/9, 680-689 (2022)

https://doi.org/10.1002/jsid.1109

 

LINEで送る

Copyright © 2023 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.