プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

大日本印刷 世界最高速レベルのキャップ付き紙容器無菌充填システム 国内での販売を開始 1時間あたり24,000本可能に


【2021年10月12日】大日本印刷(DNP)は今秋から、世界最高速レベルのキャップ付き紙容器無菌充填システム「combismile(コンビスマイル)」を日本国内での販売を開始する。
同製品の発売は、飲料・食品向け紙容器メーカーの世界大手・SIG Combibloc Groupとの合弁会社であるDNP・SIG Combiblocとともに行う。

「combismile」は従来、充填工程で生産性がPETボトルに比べ低かったキャップ付き紙容器で高い生産性を実現。1時間あたり24,000本という世界最高速レベルの充填を可能にした。

他社システムと比べて容量変更などが容易にできるため、充填工程の廃棄ロスを削減。SIG社のシステムの特長である固形物充填機能によってさまざまな内容物に対応でき、容量も多彩に対応可能。

SIG社の固形物充填技術「DRINKSPLUS」により、約6mm角の固形物や8mm程度の繊維質、最大2,500mPa・s(ミリパスカル・秒)の高粘度内容物の充填を実現している。
また、充填工程でキャップとストローを選択でき、容量の変更も数分程度で行える。
1台のシステムで最大10種類生産も可能だ。

パッケージは、胴体部をカーブさせたスタイリッシュで握りやすい形状で、正面の短辺上部を曲線とすることで、システム名でもある「スマイル」を連想させるもの。
長期保存を可能とするためのアルミ箔は、Aluminum Stewardship Initiative(ASI)の認証を受けた材料を選択できる。
このほか、植物由来樹脂使用など、環境負荷の低減にも対応する。

DNPでは、発売の理由を、プラスチック材料の使用量を減らすことで環境負荷の低減につなげていく紙製品へのニーズが高まるなか、同システムにより、世界で需要が伸びているスタイリッシュな形状のキャップ付き紙容器の製造ラインを日本に導入する、としている。
すでに国内では、コスモフーズで採用された。

今後、清涼飲料、乳製品向けなどに同システムの販売を拡げ、2027年度に21億円の売上を目指す。

GREEN PACKAGINGについて
https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/1190186_1567.html

SIG Combiblocの無菌充填システム
https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/10159093_1567.html

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.