プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

凸版印刷 最後まで絞り切れる新製品「チューブなパウチ」 アウトドア向けの「みそ」に採用


【2021年5月28日】凸版印刷はこのほど、「サステナブル バリュー パッケージ」に、新機能パッケージ「チューブなパウチ」を追加し、加賀味噌食品工業協業組合の商品に採用された。

凸版印刷では、よりよい社会と心豊かで快適な生活に貢献する「TOPPAN S-VALUE Packaging」を掲げ、ちきゅうに価値ある「サステナブル バリュー パッケージ」を提供してきた。
今回開発された「チューブなパウチ」は、利便性向上と環境配慮を両立し、チューブの使いやすさとパウチの絞り出しやすさを合体させた新製品。

「チューブなパウチ」は、中身を絞りやすい、絞りきれる容器設計が特長。
従来のラミネートチューブの胴体厚みが0.3mm前後であるのに対し、同製品は厚みを最薄0.1mmに設定している。
また、胴体のフィルムを封筒状に折り畳む加工を施すことで、胴体を握った時の弾力が軽減。従来のラミネートチューブより中身が絞りやすくなっている。さらに注出口のプラスチックパーツを水平に設計することで、従来のラミネートチューブと比較して内容物を最後まで絞りやすくなっている。

容器の素材には、透明で高いバリア性能を持つ「GL BARRIER」を使用。バリア性能を確保しつつ胴部を透明化でき、従来のラミネートチューブよりも内容物の視認性がアップし、残量確認がしやすくなった。
これらにより、プラスチック樹脂の使用量を30%削減できる。

加賀味噌食品工業協業組合では5月1日から、キャンプやアウトドア向けデザインの「加賀みそチューブなパウチ TABIMISO」シリーズに同製品を採用している。
採用したのは「十割麹味噌」「豆粒味噌」」「十二割麹味噌」と、贈答用向けデザインの加賀みそチューブなパウチ(加賀てまり柄)「十割麹味噌」「豆粒味噌」「十二割麹味噌」の6種類。

加賀味噌食品工業協業組合
https://kagamiso.or.jp/

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.