プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

アルマーク プリンタ遠隔支援サービス「プロサポート」が前年比140%のクラウド接続 コロナ禍の工場環境を支援


【2021年3月31日】アルマークの遠隔支援サービス「プロサポート」が2020年度は前年比140%のクラウド接続を見込む。

「プロサポート」は同社が昨年リリースした日付・シリアル印字に使用される産業用プリンタの遠隔支援サービス。
「クラウド監視+トラブル解決」を一気通貫で行い、現場に精通した技術員が状況を監視し、ユーザーの要望に応じてリモート操作。プリンタの設定やトラブルの対処などを行う。

このサービスは、ユーザーからは「インクジェット操作の手間を減らしたい」「生産を止めたくない」という声に応えたもので、現在、予知保全に向けた開発も進められている。

同社は2019年から、クラウドベースのIoTモデル「リンクス8900プリンターネット」を販売してきた。プリンタはネットワークを経由してリアルタイムでクラウドに機器情報をアップ。最新の情報にwebブラウザからアクセスし、プリンタの状態をユーザーと同社が共有する。
これらにより、コロナ禍で対策が必要な省人化や3密対策がなど、今日の工場現場の課題を解消する。

顧客側でもPCやタブレット・スマホを使い、ブラウザからプリンタの状態をリアルタイムで確認でき遠隔操作にも対応する。
表示は、印字内容をはじめ、現在の生産数(印字数)などで、段取り替えのタイミングを事前に予測できる。

料金は1日1ドリンク程度の費用と値ごろ感もあるという。

アルマーク「プロサポート」
https://www.almarq.co.jp/products/solution/pro_support/

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.