プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

モリサワ 多言語ユニバーサル情報配信ツール「MCCatalog+」をアップデート 3PCライセンスで利用可能に


【2021年3月2日】モリサワは3月1日、多言語ユニバーサル情報配信ツール「MCCatalog+」をアップデートした。
「MCCatalog+」は、あらゆる紙媒体をデジタル化し、スマートフォンやタブレット端末に手軽に配信。さまざまなシーンにおいて、時間・場所・言語にとらわれず、情報発信から閲覧環境まで、ワンストップで最適な環境を提供している。
特に、自治体の情報発信ツールとしての採用が拡大していて、2021年2月現在、170の自治体で活用されている。

今回のアップデートでは、これまで1契約につき1PCのみインストール可能だった専用オーサリングツール「MCCatalog+ Maker」をマルチライセンス化し、1契約につき3PCライセンスで利用できるようになった。
これにより、ページ数の多い広報誌など冊子コンテンツの編集作業を分担や、担当部署ごとに詳細の編集作業ををするといった効率化が可能となる。

また、10GBの容量追加オプションプランも新設するほか、「MCCatalog+ Maker」QRコード読み取り機能や、「Catalog Pocket」アプリの読み上げ専用ビューアなど、各種機能が追加される。

 

製品の詳細は以下から
https://www.mccatalog.jp/

「Catalog Pocket」アプリのダウンロードは以下から
iOShttps://itunes.apple.com/jp/app/katapoke/id756097145?mt=8
Androidhttps://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.morisawa.mccatalog&hl=ja


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.