印刷業界とユーザーをつなぐニュースサイト 

【情報漏えい防止】スプライン・ネットワーク 印刷イメージログ監視システム「PrintInsight (プリントインサイト)」を発売 


【2015年10月27日】スプライン・ネットワークは12月1日(火)、“印刷イメージログ監視システム”「PrintInsight (プリントインサイト)」を発売する。

PrintInsightは、印刷文書からの情報漏えいを抑止できる、Windows対応の印刷イメージログ監視システム。機密データなどにかかわる印刷物の文字やレイアウトなどを、そのまま保存することでユーザーの印刷行動を把握・監視できる。
調査によると情報漏えいの約60%が紙媒体によるもので、このシステムでは最も可能性の高い紙からの情報流出を防止する。
toppage_img02_ver2
印刷ログに加え、印刷したイメージをPDF/XPSで記録・保存し、印刷文書に含まれるテキスト情報まで取得できる。収集した印刷イメージログを分析することで、ユーザーの印刷傾向を把握し、情報流出を未然に防止可能。
万一、情報漏えいが発生した場合は、流出元をすばやく特定できる。
toppage_img05_ver2
また、これに合わせ10月28日(水)~30日(金)まで、千葉市の幕張メッセで開催される「情報セキュリティEXPO」に出展。インテリジェント ウェイブ ブース内に製品展示を行う(4ホール、小間番号:15-18)。

問い合わせは同社(☎03-5464-5468)まで。


Copyright © 2017 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイト) . ALL Rights Reserved.