プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

アサヒビールの「缶蓋(ふた)」が世界的包装コンテストで入賞 開けやすさ評価される


【2017年12月25日】アサヒビールの「小容量135ml缶の開けやすい缶蓋」が、世界包装機構(WPO:World Packaging Organisation)主催の「ワールドスターコンテスト2018」で、「ワールドスター賞」を獲得した。

「ワールドスターコンテスト2018」は、各国で審査評価を受けた作品が集い、世界の優れたパッケージとその技術を開発・普及させることを目的としている。

アサヒビール ワールドスター賞 包装コンテスト

 

今回受賞した「小容量135ml缶の開けやすい缶蓋」は、感性工学手法を用いて『開けやすい缶蓋』を開発し、導入したもの。
高齢化に伴う飲酒量の減少などにより、購入頻度が増加傾向であることや、顧客から「アサヒスーパードライ 缶135ml」で、「開け方に関するご意見」などから開発したもの。

アサヒビールは、これまで日本パッケージングコンテストを始めとするさまざまな包装コンテストに出品をしており、「ワールドスター賞」も通算3回目の受賞。

「ワールドスターコンテスト2018」への出品には、日本包装技術協会が主催する「日本パッケージングコンテスト」での入賞が必要。

なお「ワールドスター賞」は、世界各国のコンテストから勝ち上がった318作品の中から、特に優れた200作品が選ばれている。

 

受賞コメント

アサヒビール 研究開発本部 容器包装研究所長 冨野義孝

この度、「小容量135ml缶の開けやすい缶蓋」が世界包装機構の「ワールドスター賞」を受賞したことを大変光栄に思います。
また、同コンテストでは3回目の受賞となり、当社の容器包装に関する研究開発や技術などが世界的な評価をいただいたことは非常に喜ばしい事であると思います。今回の受賞を励みとし、さらに利便性が高く、環境分野に貢献する容器・包装関連の研究開発をし、お客様に提供していきたいと思います。

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.