プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

サイン用バーコード「XPANDコード」 普及目的に新会社を設立 すでに営業開始


【2017年11月8日】東京メトロなど鉄道・バスの案内表示を手掛ける銀座交通デザイン社は10月31日、同社が開発・提供してきたサイン用バーコード「XPANDコード」の普及促進を図るため、新会社「XPAND株式会社」を設立し、業務を開始した。

XPAND1

「XPANDコード」は、遠くからスマートフォンなどで読み取ることができ、多言語対応でさまざまな情報を表示できるサイン専用バーコード。

銀座交通デザイン社では、提供開始から1年余り、各所への案内や機能拡充を図っており、認知度・利用実績とも増加している。
また、カナダで開かれた国際公共交通連盟の展示会でも紹介され、海外への展開も予定されている。

今回の会社設立は、XPANDコードのさらなる知名度向上と普及を目的としたもので、同業務に特化し、普及促進を図っていく。

銀座交通デザイン社では、XPANDに開発・マーケティング・顧客サポート業務を移管。体制強化を図りながら、段階的に他の業務を移管する。

 

XPAND株式会社

所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀凮月堂ビル5F
代表者:代表取締役 南木 徹
設立:2017年9月19日(営業開始日10月31日)

https://xpand.codes/

XPAND


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.