プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

【この人に聞きたい!】後編・「カス取り不要」「歩留まり向上」など 作り手も便利に テクノプロモーション川井浩社長


【2017年10月12日】テクノプロモーションは、大判インクジェットプリンタ用のメディア(用紙)や、カーラッピング用フィルムなどの輸入販売で知られる専門商社。従来は超大判のサイン用メディアやカーラッピング用メディアを中心に、インクジェットプリントの先進地域欧州から、便利な商品を紹介してきた。

近年はテキスタイルプリント用のドイツForever社製トナー転写フィルムなども扱っている。
OKIデータの枚葉のカラープリンタ「C941dn Vinci(ヴィンチ)」を使ったオリジナルTシャツの作成を、メディア販売の立場から支援し、注目を集めている。

後編もテクノプロモーションの川井浩社長に話を聞いた。

 

加工は「ノーカット・ノーウィーディング」で簡単に

Tシャツへのフルカラープリントは、転写用のメディア「Laser Dark(レーザーダーク)」を使いますが、熟練の必要がなく、だれでも簡単に加工できるものです。

特に「ノーカット・ノーウィーディング」と呼ばれるカス取りを必要としない加工方法は、画期的なものです。
従来の熱転写では、転写前に余分な部分を取り除くカス取りといわれる作業の必要がありました。特に細かな文字などは、カス取りが難しく、作業員の大きな負担になり、コストや納期プランにも影響していました。
これがなくなるのは大きな進歩と言えます。

さらに加工上の細かい話になりますが、熱転写は熱を持たせた状態をある程度保つ必要があるのです。しかし、他社の製品は転写素材に紙を使用しており、保温性が低く、加工中に紙が冷めて、転写物と糊が接着してしまうトラブルが多くありました。とくにA3サイズなどでは、不良率がかなり高かったようです。
「Laser Dark」では、素材にPETフィルムを採用しており、保温性が高く、加工時に慌てて糊シートをはがす必要がありません。高い歩留まりが期待できます。

選択堅牢度も4~5という高得点を得ているため、日常の使用にも安心してご利用いただけます。
さらに、Laser Darkで転写した部分に、追加で転写できるホットスタンピングホイルを60種類、フロッキー(植毛加工品)15色を用意してあるので、まさに、これまでのトナー転写と隔世の感のあるプリントができます。

このシステムは、ワーカースキルに依存しない加工方法で、導入企業と作業担当者の負担を取り除くソリューションだと考えています。
メディアの価格はフィルムと糊を合わせて、1枚の上代が800円(A3サイズセット)で、100枚から注文できます。

このほか、Tシャツの上でラバーシートのような表現ができる「FLEX SOFT(フレックスソフト)」は20色を用意しています。

こちらはトナーの色で表現するのではなく、トナーを触媒として利用し、あらかじめ透明なPETフィルムに塗布してあるカラーをホットメルト糊で生地の上に転写するシステムです。
Laser Dark同様、トナーの乗った部分にのみホットメルト糊が付着するため、ベクターデータの細かいドットや、極めて細かなデザインでもシャープに再現します。

1枚からの少量Tシャツプリントは、「VINCI」と「TRANSFER RIP」、「熱圧着機」(30~50万円)、「Laser Dark」およびFlex Softなどのメディアがあれば可能です。

 

染めたような出来ばえ

現在、海外ではTシャツプリントが新しい使われ方をされ始めています。
例えば施設の入館証がわりや、イベントのチケット代わりに、QRコードなどをTシャツにプリントするケースなどがこれにあたります。
可変情報の入った1枚ごとにデザインの異なるTシャツプリントは、非常に付加価値が高く、今、注目されている分野なのです。

とくに「TRANSFER RIP」と「Laser Dark」や「Flex Soft」による転写は、加工の手間が低減された上、仕上がりも風合いがよく「染めたのかな?」と思うような素晴らしい出来ばえが特長です。

当社ではこのシステムを、サイン製作や内装業、印刷会社、プリントショップなどオリジナルグッズプリントを行うさまざまな会社に提供していきたいと考えています。

 

テクノプロモーション
http://www.technopromotion.co.jp/


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.