プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

フォーム工連 産業用インクジェットセミナーリポート「インクジェットは爆発だ」②コダック


【2015年7月6日】日本フォーム印刷工業連合会が7月2日、東京都中央区新富の日本印刷会館で行ったセミナー「産業用インクジェットは『もはや潮流ではない。爆発だ!』」のリポート②は、コダック エンタープライズインクジェットシステム事業部EIS営業本部の山田明伸担当課長の講演をお送りする。

コダック
コダック エンタープライズインクジェットシステム事業部EIS営業本部の山田明伸担当課長は、印刷業界は出版や新聞、コマーシャルといった分野は苦しんでいるが、デジタル印刷機はそれを解決する方法と前置きした上で、欧米でのデジタルIJ印刷機の導入事例を紹介した。

IMG_0711

MercuryではコダックのIJ機「Prosper 5000XLi 」を導入し、1500冊以下ではオフセットから、100冊以上では電子写真方式のデジタル印刷機から、IJでの印刷に切り替えている。ランニングコストは電子写真の4分の1に、生産性は30倍に匹敵するという。
欧米ではIJ印刷機によるバリアブル印刷が一般的になっており、これを使ったワン・ツー・ワンマーケティングが当たり前。これまではオフセット印刷にIJユニットでの追い刷りが中心だったが、白紙化・フルカラー化する現場も増えている。

媒体の取り組みではドイツの大衆紙「Bild」の事例を紹介。バリアブル印刷でビンゴや宝くじを掲載することにより、1回の発行で1000万円売り上げを上乗せできるという。また、隣接する広告のリーチを高めることができるとの検証結果も報告した。
この取り組みは日本の新聞でも行われており、広告接触率が数倍から数十倍になるとの結果が出ている。可変印刷によるプレゼント企画は、印刷媒体において今後有効な広告手法となりそうだ。
③に続く

フォーム工連 産業用インクジェットセミナーリポート「インクジェットは爆発だ」①キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ

フォーム工連 産業用インクジェットセミナーリポート「インクジェットは爆発だ」③日本ヒューレット・パッカード


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.