プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

イメージ・マジック DTFプリンタ「Trans Jet DTTS-600」 新インクは日本製 吐出不良を解消でメンテ回収削減


【2022年4月17日】イメージ・マジックはこのほど、DTFプリンタ「Trans Jet(トランスジェット)DTTS-600」のインクを日本製に切り替えた。

DTFプリンタは、テキスタイルプリントなどで用いられる新しい転写方式で、プリンタ部分と粘着剤を塗布するバインダー部分で構成される。
従来の昇華転写プリントとは異なり、出力後の切り抜きが不要で、転写後の糊残りがない。このため、近年欧米や中国を中心に導入台数を劇的に増やしており、日本でも昨年から導入企業が増えている。

今回、日本製の新インク搭載により、DTFプリンタ特有の低温・低湿環境下での吐出不良(インク詰まり)を解消し、長時間の安定出力を実現させた。

インクは、劣化を防ぐ真空アルミパウチに充填する方式に変更。パウチから直接インクを補充できる仕様にすることで、逐一プリンタにインクを補充する必要がなくなり、スムーズな連続出力が可能になる。
また、摩擦堅牢度や洗濯堅牢度は、従来品と変わりなく品質を担保している。

これまで、DTFプリンタは吐出の安定性を維持するため、数十分から1時間に一度はメンテナンスメニューを実施する必要があった。しかし、これらの改良により1日のプリント稼働した際にかかるメンテナンスの合計時間を従来の9割まで削減したという。
メンテナンスの回数が減ることにより、ダウンタイムだけでなく、廃インクの消費も減らし、環境負荷も削減する。

DTFプリントで最も重要視される白インクは従来比103%の白さとなり、インク吐出量を増やすことなく隠蔽効果を増加させ、黒色などの濃色生地への転写再現性向上に寄与している。
さらにパッチテストも実証済で、直接皮膚にあたる襟タグなどへの転写可能。

なお、日本製インク搭載のDTFプリンタは4月27日(水)~同年4月29日(金祝)に開催される「第46回 2022 日本ホビーショー The 46th JAPAN HOBBY SHOW 2022」で展示する予定。

 

販売アイテム

アルミパウチインク1000ml シアン DTTS-NST1000C
https://store.imagemagic.co.jp/item/215

アルミパウチインク1000ml マゼンタ DTTS-NST1000M
https://store.imagemagic.co.jp/item/216

アルミパウチインク1000ml イエロー DTTS-NST1000Y
https://store.imagemagic.co.jp/item/217

アルミパウチインク1000ml ブラック DTTS-NST1000K
https://store.imagemagic.co.jp/item/218

アルミパウチインク1000ml ホワイト DTTS-NST1000W
https://store.imagemagic.co.jp/item/219

「Trans Jet DTTS-600」
https://store.imagemagic.co.jp/item/168

 


Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.