プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

モリサワ 産業用プリンタ「RISAPRESS Color7100」を発売 プリント速度向上&検査・排出・後加工まで可能に


【2022年2月3日】モリサワは2月2日、「RISAPRESSカラー」シリーズの新製品として、フルカラー・オンデマンドプリンティングシステム「RISAPRESS Color7100」を発売した。

「RISAPRESS Color7100」は、高画質および多様な用紙への対応力の強化と、自動品質最適化ユニットで評価を得ている「RISAPRESS Color6100シリーズ」の後継機種。

プリンタ本体は、従来機種より横幅が縮小し、コンパクト設計でありながら、上位機種の「RISAPRESS Color14000シリーズ」と同等のオプションを装着できる。

同機は、自動品質最適化ユニット「インテリジェントクオリティーオプティマイザー(IQ-501)」を搭載。色調管理や表裏見当の調整・補正作業の自動化、紙の汚れ、印刷の欠損を自動で検査し、不適合品を排出するだけでなくリカバリー印刷まで自動化する。さらにバリアブル印刷における検査機能が強化され、数字やバーコードなどのバリアブルデータも、リアルタイムな照合と不適合品の排出可能。

フルカラーの出力速度は、A4サイズで毎分100ページ、A3サイズで毎分57ページ。紙厚52g/㎡~400g/㎡まで速度を落とすことなく出力できる。封筒印刷も、定着ユニットの改良により、オプションユニット無しで可能となった。
長尺紙への自動両面印刷も従来機種より18%長い900mmまで可能。A4サイズの三つ折りカタログやポスターなどにも対応できる。

また紙質に合わせ、スクリーン設定や転写ローラーの位置と圧力を自動で最適化、エンボス紙への印刷がさらに高画質になっている。幅広いメディアへの対応力を向上させ、名刺や招待状などの印刷に要求される高い質感や表現力の拡大を実現した。

このほか、中とじ製本やくるみ製本、四方断裁、名刺やカードの複数カッティング、折り目加工など様々な後加工を、自動処理できる多彩なインラインフィニッシャーも搭載している。

なお、同社はは明日2月4日(金)まで開催の「page2022」に出品している。

モリサワ 「page2022」に出展
https://www.morisawa.co.jp/about/news/6696

 


Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.