プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

エプソン インクジェット捺染機「Monna Lisa」シリーズ「ML-64000」を発売 毎時 774 ㎡のフラグシップ機登場


【2022年3月28日】エプソンは3 月 28 日、インクジェット捺染機「Monna Lisa(モナリザ)」シリーズの新製品「ML-64000」を発売した。

「ML-64000」は、高生産性と高い印捺品質、安定稼働を兼ね備えたフラグシップモデル。
エンジン部分は、最新の PrecisionCore プリントヘッドを 64 個搭載し、標準モードで毎時 774 ㎡(600x600dpi–2Pass)の速度がある。「Dynamic Alignment Stabilizer(DAS)」機能を搭載し、各プリントヘッドチップの波形を個別に制御。高精度で、高密度のドット配置を行い安定した印捺品質を提供する。
また 8 色のインクを左右対称に配列することで双方向印捺時も同じ順序で色を重ねられるため色ムラのない仕上がりとなる。
「Accurate Belt Position Control (ABPC)」は、ベルト搬送の距離を自動検出し送り量を調節し、高い生産性を維持しながらグラデーションや複雑な幾何学模様も高い再現性を持つ。

「毛羽除去システム」を搭載し、ドット抜けの原因となる毛羽がプリンタ内部へ侵入するのを防止。インクミストを吸引ファンが排出し、ノズル表面にインクミストが付着することを防ぐ。
「ノズル自己診断システム」では、プリントヘッドのドット抜けを自動検知しインクの吐出を調整して画質を維持する。
プリントヘッド位置合わせ機構や RGB カメラによる自動キャリブレーション機能により、調整を含むヘッド交換作業をスムーズに行える。

さらに機器の稼働状態を遠隔でモニタリングするクラウドサービスプラットフォーム「Epson CloudSolution PORT」に対応。
接続されているプリンタの動作状態をパソコンやモバイル機器から確認できダウンタイムとサービスコールを削減、生産性を最大限に高められる。

インクは、10ℓのカートリッジを装着し、印捺中でもインク交換ができる機構で中断のない生産を可能にする大容量インク供給システムを搭載している。
また、プリントヘッドとインクの性能を最大限に活かすために開発したエプソン純正ソフトウェア RIP「Epson Edge Print Textile」を用意。直感的に操作できる画面レイアウトで、Step & Repeatなどテキスタイルの印捺に必要な機能を標準で搭載している。

インクは「GENESTA インク」を採用し、脱気式真空パックの酸性インク・反応インク・分散インク・顔料インクのラインアップで多種多様な生地やデザインに対応する。
全規格「エコパスポート」認証を取得しており、加えて酸性インクは 「bluesign」に、反応インクと顔料イン
クは「 Global Organic Textile Standard (GOTS)」認証機関である「ECOCERT 」に承認されている。

同社では、2025 年までに新製品を含む「Monna Lisa」シリーズの販売予定台数を、国内市場で累計 80 台としている。
す。

商品に関する詳細は、以下から
www.epson.jp/products/textile/

 


Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.