プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

ユニオンケミカー 手動スライダー「WMS-DB1」を発売 インクジェット印字ユニット「WS1」用【動画あり】


【2021年2月22日】ユニオンケミカーは3月1日(月)、インクジェット印字ユニット「WS1」用手動スライダー「WMS-DB1」を発売する。

従来「WS1」は、サーマルインクジェット(TIJ)カートリッジ方式」を採用。コンベアのような自動搬送機に設置し、ユニット下を通過する物品を印字していた。
「WMS-DB1」は、少量品の印字用の手動搬送装置。使用者が手でテーブルをスライドさせることで、外部トリガーセンサーとエンコーダーが搬送状況を読みとり、これに合わせ物品に印字を行える。
印字位置や高さも、スライダー上で変更でき、適切な場所と高さへの印字に対応する。

製品サイズは幅425×奥行310×高300㎜、重量5.54㎏。スライドテーブル寸法は195×220mm。
印字できるのは、日付やロット番号、品名、時刻、バーコード、QR コード、識別番号など。

同社では初年度40台の販売を目指す。

 

使用動画

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.