プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

イメージ・マジック プリント工程を1/6に短縮する「ODPS」を開発 ブラザーのガーメントプリンタ「GTX」と連携 同社本店工場でお披露目


【2019年1月31日】イメージ・マジックはこのほど、クラウドネットワークシステム「ODPS(オンデマンドプリントソリューションズ)」を開発。システムやそこで使用される機器の本格的な外販を開始した。

イメージマジック記者発表 ODPS

 

時間は1/6 人手不足も解消

イメージ・マジックはオリジナルグッズ製作のネット通販「オリジナルプリント.jp」やデザイナーがファブリックデザインなどを無料で公開できる「MEET MY GOODS」などを運営する企業。
印刷通販で必要とされる「サイト構築~受注~プリント~加工~出荷」までを一貫して管理できることでも知られており、それをクライアント企業へ提供してきた。

今回、発表した「ODPS」は、クラウドシステムを中心に、倉庫や工場の人手不足解消のための梱包出荷機と、Tシャツなどの高速たたみ袋詰め機を開発し、自社で採用するとともに外販も行う

ODPSでは「Tシャツ1枚注文から出荷まで5分で完了を理論的には実現した。
工程管理にはRFIDを採用しており、プリンタや折り畳み機、袋詰め機などにリーダーを搭載。タグを読み込ませるだけでオンデマンドプリントのプリントや折りたたみ、出荷までをカバーしており、「サイズの確認」「デザインの確認」「宛名・納品書の作成と確認」などを不要にしている。

ODPSによる工程・時間短縮イメージ

 

日本初上陸の折り畳み機・袋詰め機

今回のシステムでは、ブラザー販売が協力。Tシャツプリント用に採用しているブラザーのガーメントプリンタ「GTX」のプリントコマンドを提供しており、RFIDのデータを介し、Tシャツへ自動でプリントできるようになっている。


ブラザーのガーメントプリンタ「GTX」(左)のプリント台の下にRFIDリーダーを搭載

さらに今回はイメージ・マジック本店工場(板橋区)には、日本初上陸の折り畳み機「ODPS T-43J」と、同じく初上陸の梱包機「ODPS K-60J」を導入。ここにもRFIDを搭載し、折り畳みから梱包までも自動化している。


日本初上陸の折り畳み機「ODPS T-43J」と梱包機「ODPS K-60J」

「ODPS T-43J」は、1時間500枚のたたみ袋詰めを実現し、作業時間を約1/5、「ODPS K-60J」は、1時間400個の梱包出荷を実現し、作業負担を1/6にする。
両機の導入で、これまで500枚で6.25時間を必要としていた作業が1時間で実施可能となり約84%の作業時間を削減した。
両製品とも、日本ではイメージ・マジックが独占販売を行う。

システムは、時間短縮だけでなく、世界中の同型プリンタを繋いだネットワークも実現。
ネットワークにつながっているブラザーのプリンターであれば、APIによるソフトウェア制御で、世界のどこでも同一品質によるプリント処理が可能となる。
これにより、大口注文やピーク時のプリントを分散化などが可能で、デジタルプリントによる大量生産も可能となる。

 

記者発表会

1月30日、イメージ・マジック本店工場で開催された記者発表には、マスコミ関係者など30人以上が参加。イメージ・マジックの山川誠社長、ブラザー販売の安井宏一取締役が出席し、以下のように述べた(いずれも要約)。

イメージ・マジック 山川誠社長

イメージ・マジックは「個性と創造性あふれる、豊かな社会づくりに貢献する」を経営理念としており、アパレルを中心に印刷の自動サービスを行ってきた。
多様性を求められる時代の中でこれからさらに少量・多品種化が進み、在庫を限りなく減らし無駄なものを作らない時代へと変わっていく。
この中で
「ネットを使った最適な受注システム」
「クラウドの生産管理システム」
「適した装置やプリンタ」
この三つが不可欠。

当社ではこれまで理論上、注文から5分で梱包・出荷可能なシステムを実現してきたが、これに適したプリンタがなかった。

今日発表するシステムは社内ではコードネームを「究極ライン」と呼んでおり、プリントの生産体制を1秒単位で短縮した。
さらに属人性をなくし、だれでもミスなく手早くプリントが可能。これにより、日本のTシャツプリント市場を少しでも拡大できればと考えている。

 

ブラザー販売 安井宏一取締役(ホームファッション機器事業部長)

当社は今年11周年を迎え、「未来につながらない挑戦はない」をテーマにさまざまな施策を行っている。
ガーメントプリンタもこの施策に従っており、布とインクジェットプリンティング技術を融合した未来につながる新しいビジネスを創出するものとして、挑戦していきたいと考えていた。
今回、イメージ・マジックと一緒にこのような形で発表できてうれしく思う。
また、挑戦の第一歩として4月からオーダーグッズビジネス事業部を新設する。

日本国内では、ラグビーW杯、来年の東京五輪、大阪万博などが予定されている。こうした中で今後、付随する大小さまざまなイベントや店舗の試みがされると認識しており、いかに効率よくミスのないプリントができるかが重要となる。さらに人材の入れ替わりが激しく、供給も難しい状況になっていく、今回のシステムはこれらを解決する画期的なシステム。

我々も「GTX」を導入しいていく中で、このような形で協力できた。
このほかにも「家庭用ミシン」「刺繍用ミシン」「テープクリエイター」など、顧客の付加価値を高める製品を取りそろえている。
イメージ・マジックとより一層、連携を深めていく中で、オーダーグッズビジネスにおける圧倒的な存在感を確立していきたい。

 

ブラザー ガーメントプリンタ「GTX」
https://www.brother.co.jp/product/garment/gtx/index.aspx

ODPS K-60J
https://odps.imagemagic.jp/bagging/

ODPS T-43J
https://odps.imagemagic.jp/folding/

イメージ・マジック
https://imagemagic.jp/

 


Copyright © 2019 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.