プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

イオン 「あらびきポークウインナー」4品目で包装資材重量をカットしプラ削減 年間約22トン

LINEで送る

【2022年6月6日】イオンは6月上旬から随時、販売中の「あらびきポークウインナー」4品目で、内容量を減らさずに包装資材重量をカットし、プラスチックを削減した包装形状へ切り替える。

今回、包装形状を変更するのは「トップバリュベストプライス あらびきポークウインナー」2品目と「トップバリュ あらびきポークウインナーJAS特急」2品目の、計4品目。

「トップバリュベストプライス あらびきポークウインナー」は、発売当初からの巾着包装をピロー包装に変更し、資材重量を約28~29%削減する。
また、従来からピロー包装を採用していた「トップバリュ あらびきポークウインナ―JAS特級」は、パッケージサイズを縮小することで、資材重量を約7~9%削減する。

これにより、トップバリュで販売する「あらびきポークウインナー」4品目で、年間約22トンの使い捨てプラスチック削減を見込む。

イオンは、2020年9月に「イオン プラスチック利用方針」を定め、「使い捨てプラスチックを減らす」「環境・社会に配慮した素材を使用する」などの視点で、これまでも環境配慮型商品の拡充を進めてきた。
今後も店舗や商品、サービス等を通して、資源循環型の新たなライフスタイルを顧客に提案していく、としている。

 

LINEで送る

Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.