印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

凸版印刷 中部電力の契約者向けアプリ「カテエネ」を開発 2017年3月末までに5社への導入を目指す


【2016年4月12日】凸版印刷は4月12日、WEB サービス「カテエネ」の会員向けアプリの提供を開始する。同アプリは凸版印刷が中部電力と共同で開発。中部電力を利用する家庭向けにさまざまな情報を配信し、ユーザーとのコミュニケーションを図るもの。

カテエネ1

システムには凸版印刷が運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」を活用。カテエネのコンテンツから契約者の役に立つ情報を届ける。
コンテンツの内容は、スーパーやドラッグストアなどのチラシをはじめとする地域の買い物情報や、電気料金の実績照会、ポイントサービスの利用などが可能なサイトへのアクセスなど。

開発の背景には電力の小売り自由化があり、電力会社が契約者の離脱を防止や関係を強化を必要としているという事情がある。凸版印刷では2017年3月末までに、公共インフラ企業5社への導入を目指すとともに、自治体への導入を進めていく。

カテエネ2

 

「Shufoo!」
・PC http://www.shufoo.net
・iPhone http://itunes.apple.com/jp/app/id373909230?mt=8
・iPad http://itunes.apple.com/jp/app/id373911706?mt=8
・Android https://play.google.com/store/apps/details?id=com.toppan.shufoo.android&hl=ja

 


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.