プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

凸版印刷 食品展示会「Fine Food Australia 2022」に初出展 9月5日~8日、オーストラリア・メルボルンで

LINEで送る

【2022年9月4日】凸版印刷は9月5日(月)~8日(木)、オーストラリア・メルボルンで開催される食品展示会「Fine Food Australia 2022」に初めて出展する。

同展示会では、オーストラリアの食品メーカーなどのエンドユーザーに向け、透明バリアフィルム「GL BARRIER」をはじめとするさまざまな最先端のサステナブル包材を紹介する。

「Fine Food Australia 2022」は年2回、シドニーとメルボルンで開催される、オーストラリア最大規模の食品展示会。食品や飲料、飲料販売機器、ベーカリー機器および材料、健康食品、乳製品、パッケージなどを展示。2019年には1,000社以上が出展、25,000人以上が来場している。

凸版印刷は2021年発表の中期経営計画(~2023年3月)のキーコンセプトとして「Digital & Sustainable Transformation」を掲げ、中でも重点施策の一つである、グローバルパッケージ事業においては、サステナブル需要の獲得と地産地消体制の構築を加速させている。
また、これまでも、インドネシアやタイ、中国などアジアエリアにおいてパッケージ事業を推進。2016年4月には「TOPPAN USA ジョージア工場」の操業を開始し欧米への「GL BARRIER」の製造供給体制を確立した。

昨年は米英展開のパッケージメーカー「InterFlex Group」を買収。直近ではインドのフィルム大手「Max Speciality Films」や、タイのパッケージメーカー「Majend Makcs」を連結子会社化するなど、グローバルな製造/販売を強化している。

凸版印刷は出展を通じ、昨今の環境意識の高まりによるサステナブル包材の全世界的な需要に応え、アジア・オセアニア地区の有力な市場の一つであるオーストラリア市場へ、グローバルに展開するコンバーティング事業や「GL BARRIER」の認知度拡大とさらなる事業展開を図るという。

GL BARRIER
https://www.toppan.co.jp/living-industry/packaging/products/barrier_film/

モノマテリアルバリア包材
https://www.toppan.co.jp/living-industry/packaging/topics/column/005/

 

開催概要

「Fine Food Australia 2022」
名称: Fine Food Australia 2022
会期:9月5日(月)~8日(木)
会場:Melbourne Convention & Exhibition Centre
主催:Diversified Communications Australia
公式サイト
https://finefoodaustralia.com.au/

 

LINEで送る

Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.