プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

リサーチステーション 調査レポート「粘着ラベルの世界市場:2026年に至る技術別、タイプ・用途別予測」の取り扱いを開始


【2022年3月5日】リサーチステーションはこのほど、調査レポート「粘着ラベルの世界市場:2026年に至る技術別、タイプ・用途別予測」の取り扱いを開始した。

グラフ イメージ

この調査によると、粘着ラベルの世界市場規模は2021年で479億ドル、2026年に623億ドル、市場の平均年成長率は5.4%で推移する見込み。
価格競争を行うブランドは、コスト削減のために適切なパッケージング技術を求めているため、粘着ラベルが好まれる。また一般的な環境規制として、埋め立て地に蓄積する廃棄物の量を減らすために、包装材料(箱、バッグ、ポーチ)の削減に焦点を当てることで、市場成長に貢献している、などとしている。

詳細は以下から
https://researchstation.jp/report/MAM/27/Self-Adhesive_Labels_2026_MAM2768.html

 


Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.