プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

エプソン A1ポスターサイズの4色機「SC-T3150X」&スキャナー一体型のA0プラス機「SC-T5150M」を発売


【2021年1月27日】エプソンは3月から、A1ポスターサイズの4色機「SC-T3150X」と、プリンタ・スキャナー一体型でA0プラス対応の4 色大判複合機「SC-T5150M」を発売する。
2機種はともに、商業・産業向け大判インクジェットプリンタ「SureColor」シリーズの新製品。

「SC-T3150X」は、水性の大判プリンタとして国内初のインクボトル方式を採用し、A1プラス出力に対応したエントリーモデル。
出力物は、短期間に貼り替えが行われる店舗の販促物やイベント告知などのポスターなどに適している。

本体はW970×D577×H245mmとコンパクトで、バックヤードスペースの少ない小売店舗やサービス業のユーザーの導入を想定している。
本体価格はお^分。インクボトルは各色1本3,900円(税別)。

「SC-T5150M」は、A1プラス複合機「SC-T3150M」のA0プラスモデル。

プリンタ・スキャナー一体型のコンパクト複合機で、道路整備や土地改良など工事範囲の広いCAD 図面や GIS を使った地図出力、図面をスキャンしてデータ・複製を必要とされる地方自治体や、限られたスペースでの設置ニーズの高い建設・土木の測量事務所に適してい本体御価格は398,000円(税別)。

1年間の販売目標は、上記商品を含む「SC-Tシリーズ」全体で、約7,000台を予定している。

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.