プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

凸版印刷 特定のウイルスや菌の増殖を抑える「コート紙化粧シート」を開発


【2020年11月14日】凸版印刷はこのほど、特定のウイルスや菌の増殖を抑える「コート紙化粧シート」を開発した。

同社では、これまでも住宅をはじめ、商業施設や医療施設、公共施設などの建築物や、家具・什器などの表面に使用される化粧シートを製造・販売してきた。

今回の「コート紙化粧シート」は、コート紙の表面に抗ウイルスと抗菌、両方の性能を有する特殊コーティングを施しており、第3者認証機関であるSIAA(抗菌製品技術協議会)の認証を取得している。

これにより、2020年9月に「オレフィン製化粧シート」と、2020年10月の「塩ビ製化粧シート」に続き、「コート紙化粧シート」を含めて3種類の素材に抗ウイルスと抗菌のSIAA認証の取得となった。

この3つの認証を取得したことで、新築、リフォームなどさまざまな用途で抗ウイルス・抗菌機能を付与した内装材の提供が可能となり、安心で安全な生活環境をサポートする。

なお、11月16日(月)から、建具や家具・キッチン扉などに使用する「コート紙化粧シート」として発売する。

今後、凸版印刷は建具や床材、壁材、什器(机・家具)などの表面に使用される化粧シートの高機能化を推進。住宅市場をはじめオフィス、商業施設、医療施設、公共施設などにも展開します。また、海外市場へも積極的に拡販を進め、2022年度に関連受注も含め約700億円の売上を目指す。

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.