プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

【速報2】「サイン&ディスプレイショウ2019」 日本HPはサーマル昇華を日本初披露、swissQはアジア初披露機


【2019年8月30日】「サイン&ディスプレイショウ2019」が8月29日、東京ビッグサイト青海展示棟Aホールで開幕した。開催は8月31日(土)まで。「サイン&ディスプレイショウ」はサイン(看板、案内板、銘板)やディスプレイ(広告・展示用装飾)などに関する資機材、サービスに関する総合見本市。今回は約130社が出展し、最新の製品を展示する。今年は東京ビッグサイトが工事中であるため、仮設の青海展示棟で行われている。

プリント&プロモーションでは、速報1に引き続きデジタルプリント関連を中心に注目製品を速報で紹介する。

【速報1】「サイン&ディスプレイショウ2019」 ミマキ、ローランドDGなど各社が新型プリンタを展示

 

速報2

日本HPは、先日発表した新製品で昇華型IJP「Stitch S500」をメインで出品している。
同機は、昇華型で初めてサーマルヘッドを採用しており、さらにこのヘッドはユーザーが交換できる。
このほかラテックスIJP「Latex S570」を出品している。

ニチエは、「シリコンエッジグラフィックス計画」のテーマで、ファブリックによるソフトサイネージを提案。
また、日本初上陸ネオルト社のスリッティングマシン「XYMatic trim plus」をデモ。かなりの高速でサイドをスリットし、小型のポスターに切り分けていく。価格は400~450万円。

swissQprintの「Karibu」は同社初のロールタイプIJP。今年5月にドイツで行われた「FESPA」で初出品され、今回の展示はアジア初となるもの。
安定搬送を促すための、バキューム機構がついており、搬送部分に並べられたボタンでバキューム範囲を決定できるなど、直感的な操作が可能。

武藤工業は7月に発表した「XpertJet 1682SR」を出品した。
同機はオペレーターの操作性向上と負荷を軽減させる工夫を施した、新しいプラットフォームを採用。7色インクで滑らかな階調を表現でき、コックリング対策として、複数配列された加圧ローラにより、メディアにかかる圧力を部分的にコントロールできる。

エプソン販売は、ベストセラーのソルベント系IJP「SC-S80650」に加え、「同60650」「同40650」などを展示している。

昭和書体は、自社制作の手書き風書体ソフトを紹介。書体は現在、61書体あり、印刷はもちろん。テレビ番組やドラマの小道具にも使用されている。
「フォントワークスLETS」「モリサワパスポート」にも収録。

第61回サイン&ディスプレイショウ SIGN&DISPLAY SHOW2019
https://www.tokobi.or.jp/sds/


Copyright © 2019 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.