プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

電通ら3社 デジタルサイネージ初の「24時間防災情報配信」を開始


【2018年9月25日】電通とストリートメディア、アールシーソリューション(RCソリューション)の3社は9月25日、デジタルサイネージでは全国初の24時間365日の防災情報配信を開始した。

電通 サイネージ 

同事業は、防災啓発・災害情報の影響に特化したデジタルサイネージ向けの情報配信が目的。
事業では、電通が開発した防災啓発行動示唆アルゴリズム「+ソナエ・アルゴリズム」をベースに、電通とRCソリューションが共同で開発中の防災啓発・災害情報提供サービス「City Watch(シティウォッチ)」の情報を活用。全国のデジタルサイネージ向け配信体制を通して、24時間配信する。

電通 サイネージ 

配信は、ストリートメディアが提供するデジタルサイネージ向けの運用ノウハウを用い、NTT東日本の協力を得て同社保有のデジタルサイネージ放映システム「ギガらくサイネージ」を活用する。

電通 サイネージ 

3社は今後、全国の自治体や企業に向けて発信し、2020年には1万カ所での情報配信を目標としている。

なお、西日本地域を中心に大きな被害をもたらした「平成30年7月豪雨」、9月6日に発生した「北海道胆振東部地震」への被災者支援として、9月27日より順次各地域の避難所等にデジタルサイネージ機器を設置し、情報提供を開始する。


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.