プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

凸版印刷 オリジナルバーチャルキャラクター「小石川彩」JR横浜駅で実証実験開始へ


【2019年10月11日】凸版印刷は10月10日、開発したオリジナルバーチャルキャラクター「小石川彩(こいしかわ あや)」の遠隔操作とAIチャットボットを組み合わせて、駅構内や店舗などで接客を行うデジタルガイドサービスの提供を開始した。
実証実験はJR横浜駅で行われる。

同サービスは、PCやサイネージ上に表示されたバーチャルキャラクター「小石川 彩」を操作することで、遠隔地からインタラクティブなやり取りが可能。さまざまな場所に表示筐体を設置し、普段はAIチャットボットが対応し、呼びかけがあった場合に遠隔操作に切り替えることで少人数での効率的な案内・接客ができる。
多言語対応のAIチャットボットは、情報通信研究機構(NICT)のニューラル機械翻訳(NMT)エンジンを使用し、音声やテキストでの翻訳が可能。

オリジナルキャラクター「小石川 彩」は、凸版印刷オリジナルキャラクターのため、用途に応じてさまざまな対応が可能。例えば「小石川 彩」そのままの利用でコストを抑えることや、衣装のみオリジナルで描き下ろしたり、特定言語の声優を変更したりするなどアレンジに対応する。

 

実証実験

JR横浜駅の実地検証では、日本語・英語・中国語・韓国語の4か国語に対応。通常時は多言語対応のAIチャットボットによる自動応答での駅構内や駅周辺を提供する。

今回のデモンストレーションでは、期間中に開催される「ラグビーワールドカップ2019日本大会」の大会情報やパブリックビューイング情報など、近隣の関連イベント情報を案内する。
実施は10月13日(日)、11月2日(土)の13時~15時(10月13日(日)のデモンストレーションは、台風19号の接近に伴う悪天候が予想されることから、中止となった)。

今後、凸版印刷は同サービスを、自治体をはじめ鉄道、流通、小売、ホテルなどのサービス・インフラ業界に向けて拡販し、省人化や多言語対応などの社会課題の解決に貢献。2025年度までに遠隔体験ソリューションやインバウンド・先端表現ソリューションなど関連受注含め50億円の売り上げを目指す。

 


Copyright © 2019 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.