プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

【IGAS2018】日印産連 「JPEXブース」を出展し印刷産業をPR 「FAPGA 国際印刷フォーラム」はセイヤー・ロング氏が講演


【2018年7月9日】日本印刷産業連合会(日印産連)は7 月 26 日(木)~31 日(火)まで、東京ビッグサイトにて開催される日本最大の印刷機材展「IGAS2018」に、加盟 10 団体と共同で「JPEX (Japan Printing Exhibition)ブース」を出展する。
また、開催期間中に「FAPGA 国際印刷フォーラム」を開催する。

IGAS2018

 

JPEXブース

「JPEXブース」は、ガレリア会場と東2-11会場の2 つに設営され、ガレリア会場ではカレンダー、 カタログ、造本装幀、パッケージ、シールラベル、メディアユニバーサルデザインなどの各分野におけるコンクールの優秀作品を中心に展示。幅広い分野の、優れた印刷製品を紹介する。

一方の東2-11 会場では 4つのコーナーを設け、印刷産業の「広がり」、「取り組み」、「情報発信」、「コンテスト」 を紹介する。

明治の初期に出版から始まった近代印刷が枝葉を広げ、幅広い分野へと成長した「印刷産業の広がり」について展示。国連の推進する SGDs(持続可能な開発目標)や、 CSR、女性活躍など「印刷産業の取り組み」 を紹介する。
イメージ

さらに日印産連の加盟10団体の情報発信では「ジャグラ BB」、「GC のトビラ」、「製本の引き出し」、「光沢加工とは」といった業界関係者の参考になるコンテンツを展示する。
また、全国グラビア協同組合連合会が作成した「品質判定ガイドライン~軟包装(インキ抜け)~」も展示する。
このほか、ガレリアで紹介しきれなかった「印刷産業のコンテスト」作品を東2-11会場でも展示する。

「JPEX ブース」出展および「FAPGA 国際印刷フォーラム」の開催の協賛企業は以下の通り。
富士フイルム、小森コーポレーション、SCREENグラフィックソリューションズ、リコージャパン、ミヤコシ、リョービMHI グラフィックテクノロジー、ハイデルベルグ・ジャパン、コニカミノルタジャパン株式会社

 

FAPGA 国際印刷フォーラム

FAPGA 国際印刷フォーラムは7月26日(木)午後1時から、会議棟6 階で開催する。

今年は「アジア印刷会議(FAGPA Forum of Asia Pacific Graphic Arts)」を9年ぶりに日本で開催することを記念し、基調講演では Association for Print Technologies (旧NPES)のセイヤー・ロング(Thayer Long)会長に「Innovation in Print & Global Trends‐ Spotlight: Publishing/Commercial Printing & Package Printing Sectors(印刷産業におけるイノベーションと世界の動向 - 出版/商印/パッケージ分野)」というテーマで講演する。

セイヤー・ロング Thayer Long

このほかの講演は次の通り。
・ピーター・レーン氏(FAPGA 議長)
「Surviving in Print in Australia’ s Digital Economy(オーストラリアのデジタルエコノミーにおける印刷産業の生き残り)」

・ジュウミン氏(中国印刷技術協会 副理事)
「Enhancing Opening-up and Cooperation & AchievingWin-Win Results in a New Era Being Environment-Friendly and Intelligent(環境配慮型のインテリジェントな新時代における開放及び協調の強化とウィンウィンの結果の実現)」

・会長シェリ・アショカン氏(インド印刷連合会会長)
「Prospects and Issues of Indian Printing Industry(インドの印刷産業の見通しと課題)」

また、最後に、上記の 3 氏のほかにマレーシア、フィリピン、ネパールなどの FAPGA代表者を含めたパネルディスカッションを行う。

問い合わせは日本印刷産業連合会 広報部(☎03-3553-6051)まで。

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.