プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

アサヒ飲料 ラベルなし天然水を発売 使用の樹脂量は90%削減 「Amazon.co.jp」でテスト販売


【2018年5月2日】アサヒ飲料では5月22日(火)から、商品にロールラベルをつけない「アサヒ おいしい水 天然水 ラベルレスボトル(PET600ml、PET1.9L)」を発売する。

「アサヒ おいしい水 天然水 ラベルレスボトル」同社初となるラベルレス商品。ESG(環境・社会・ガバナンス)領域に関する活動の一環で、廃棄物削減などによる環境負荷低減の取り組みを強化する。

アサヒ飲料 水 ラベル なし

同商品は、PETボトルに貼付しているロールラベル全廃。
通常、ロールラベルに記載している原材料名などの一括表示は外装ダンボールに記載し、個々の商品への記載が必要なリサイクルマークなどはタックシールでPETボトルに貼付している。これにより、ラベルに使用する樹脂量は約90%削減となった。

廃棄物量削減による環境負荷の低減に加え、ロールラベルを剥がす手間を省くこともでき「人にやさしく、地球にもやさしい」通信販売専用のミネラルウォーターという。
今回、販売はオンラインストア「Amazon.co.jp」テストとして行う。

同社では、環境負荷低減の取り組みとして、2016年から植物由来の原料からなる「オールバイオ資材」を使用した「三ツ矢サイダー」を発売。2018年1月には物流効率化や環境負荷軽減を目的に、同社最大の規模の「アサヒ飲料群馬配送センター」を竣工した。
アサヒ飲料 水 ラベル なし

2018年2月には、自社で製造するPET容器炭酸飲料に、国内最軽量となるPETボトルキャップを採用。順次その使用の拡大を予定するなど、省資源化や、CO2排出量削減等の環境負荷軽減に向けた取り組みを推進している。

また、アサヒ飲料は環境省の推進する、地球温暖化対策のための国民運動である「COOL CHOICE(=賢い選択)」に賛同しており、外装ダンボールには「COOL CHOICE」のロゴや、宅配便再配達削減の協力をよびかける「COOL CHOICEできるだけ1回で受け取りませんかキャンペーン」マークを記載している。

 

「COOL CHOICE」について
https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/index.html


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.