プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

日本パブリックリレーションズ協会 特別シンポジウムを開催 3月1日、東京の如水会館で


【2018年2月14日】日本パブリックリレーションズ協会は3月1日(木)16時から、東京の如水会館で、「社会をつなげる、未来を動かす A Future Vision of Public Relations」と題した特別シンポジウムを開催する。

同シンポジウムは、日本で唯一の広報・PRに関する資格認定制度である「PRプランナー資格認定制度」が今年で10周年を迎えることを記念して、経済広報センターと日本広報学会の協力により実施するもの。

特別シンポジウムでは、「社会をつなげる、未来を動かす ~ A Future Vision of Public Relations」を全体テーマとし、高度化・複雑化が進む情報環境におけるパブリックリレーションズの可能性と課題とを、日本を代表するPRパーソンが語る。

基調講演には、広報部門長の経験を持つ、アサヒグループホールディングスの泉谷直木社長が登壇。経営視点からの広報・PRセクションや人材への期待について話す。

最前線の広報・PR部門長のパネルディスカッションでは、広報・PRセクションに求められる人材像やキャリア形成などについて各人が意見を述べる。

すでに2,300人を超えるPRプランナー有資格者の代表者が、これからの時代への矜持と志を語る「PRプランナー宣言」を行い、「広報・PRの未来像と、これからの時代の要請に応えるPRプランナー像」を提言する。

 

開催概要

■主 催:公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会(PRSJ)
■協 力:一般財団法人 経済広報センター、日本広報学会
■開催日時:2018年3月1日(木) 16時~18時15分(開場:15時30分)
■会 場:如水会館 3F 松風の間(東京都千代田区一ツ橋2-1-1)
■内容構成:
○基調講演 『経営者から見た広報・PRへの期待と課題』(仮)
アサヒグループホールディングス株式会社
代表取締役会長 兼 CEO 泉谷 直木 氏

○パネルディスカッション 『広報・PRの課題とこれからの可能性』(仮)
パネリスト:(50音順)
・オムロン株式会社 執行役員グローバルIR・コーポレートコミュニケーション本部長
井垣 勉 氏
・帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部長 宇佐美 吉人 氏
・日本電気株式会社 コーポレートコミュニケーション部長 飾森 亜樹子 氏
モデレーター:
株式会社井之上パブリックリレーションズ 代表取締役社長 鈴木 孝徳 氏

○PRプランナー宣言『これからのPRの担い手としての自負と挑戦』(仮)
(公社)日本パブリックリレーションズ協会 PRプランナー部会長 田畑 好崇 氏

■参加費:3,000円(税込み)
■定員:100名(先着順)
■お申込み:当協会Webサイトからお申込みください。
定員になり次第、締切らせていただきます。
■詳細・申込み:
http://prsj.or.jp/event/prp10th_symposium

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.