印刷業界とユーザーをつなぐニュースサイト 

武藤工業 昇華転写大判インクジェットプリンタ「VJ-1948WX」を発売 2017年1月5日


【2016年12月21日】武藤工業は2017年1月5日(木)、出力速度が従来機の2倍になった昇華転写大判インクジェットプリンタ「VJ-1948WX」を発売する。

vj-1948 武藤工業

「VJ-1948WX」は最大プリント幅1.9m(75インチ)に対応。
4 個のプリントヘッドをスタガ配列にすることで、出力速度117.3 ㎡/hを実現しており、高い生産性と高品質を両立させている。
出力解像度は360x720dpi 、2パスで、インクは4色。カスタムモードを追加しており、出力品質や速度の選択肢が増えている。

フロントペーパーガイドの裏側に大型デュアルヒーターを内蔵。メディアを素早く乾燥
させ、生産性を高める。ヒーターの温度は本体の操作パネルから個別に設定。印字動作を
中断させることなく、設定温度の確認し、変更できる。

手動レバーによる加圧ローラダウン方式。個々の加圧ローラは、それぞれ個別に上げ下げすることができ、薄い転写紙でも、しわが寄らないように制御可能。前面と背面のどちらからでも操作でき、加圧力もメディアによって「標準」「強力」の 2 段階から選択できる。

1000ml、2000mlの大容量インクパックに対応したオプションの新型インクホルダ―が、長時間の連続プリントをサポート(2000ml インクパックは後日発売予定)。

価格は、4,380,000円(本体+重量送出し・巻取り装置)を予定しております。
インクは、各色共 1000ml インクパックが9,000円。

武藤工業では年間 800 台(国内・海外)の販売を見込んでいる。

仕様表

武藤工業 VJ-1948WX 昇華転写



Copyright © 2017 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイト) . ALL Rights Reserved.