プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

【速報】「建築+インテリアWEEK」今日17日まで開催 デジタルプリントは布もので強味!?


【2017年11月17日】「建築+インテリアWEEK」は11月15日に開幕。今日17日(金)まで、江東区有明の東京ビッグサイトで開催している。

「建築+インテリアWEEK」は、内装や建材、インテリア、ファブリック、設備などとそれらを加工する機器やシステム、サービスが展示されている展示会群。
中でも「JAPAN TEX」は、大判のインクジェットプリンタ(IJP)をはじめとしたデジタルプリント機器も多く展示されており、毎年注目を集めている。
プリント&プロモーションでは展示会の内容を速報で紹介する。

 

デジタルプリントが布系出力物で活躍

ミマキエンジニアリング(JT5-04)は「TS300P-1800」のハイブリッドタイプと昇華転写タイプを紹介。

プリント&カットIJP「UCJV300-160」では、ウインドープリント用の装飾を出力し、カッティングまでを実演している。

 

システムグラフィー(JT4-84)は、ローランド ディー.ジー.製の「Texart RT-640」を展示。昇華転写による布地へのプリントを提案している。
同社はスポーツアパレルに強く、同展示会では新規の顧客獲得を目指す。

 

エプソン販売(JT4-88)はTシャツプリンタと昇華転写型IJPを展示。
Tシャツプリンタ「SC-F2000R」では、実際のプリントとTシャツのサンプルで、製品の性能をPRしている。

また、昇華転写IJPの新モデル「SC-F9350」もデモ。「同機は9月に発売し、好調な売れ行き」と担当者。

 

日本HP(JT5-09)の「hp Latex115」は98万円のエントリーモデル。カッティングプロッタ「Latex54 basic cutter」との組み合わせで、カッティングまでをデモンストレーションした。

 

イメージ・マジック(5-B10)は、1600万色をフルカラーで表現できる「マット」「タイルカーペット」を展示。今回は、トリックアートでサンタクロースが飛び出すカラーカーペットや、マンホール型のマットなどユニークな製品でブースを盛り上げる。

 

日本省力機械(JT4-13)は「NeoTAPIS」のブランドでタピス織の装飾タペストリーを展示した。
このタペストリーは、ウールを織り込みグラフィックを表現しており、フルカラーやモノクロでの諧調表現も可能。凹凸を利用し、立体的なデザインにも対応する。

 

フォトビションジャパン(JT4-45)は、昇華転写プリントを利用した、オリジナルのカーテンを紹介した。
同社は屋外広告のプリント・施工などで知られる企業。カーテンは新規の取り組みで、今後拡販していく。

 


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.