プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

キヤノンとハイデルベルグ 商業印刷分野における枚葉インクジェット印刷機の業務提携を「drupa」開幕前日に発表 B2/B3サイズデジタル機を提供

【2024年5月28日】キヤノンのグループ会社であるキヤノンプロダクションプリンティング(オランダ・フェンロー、CPP)とHeidelberger Druckmaschinen AG(ドイツ・ハイデルベルグ)は5月17日、商業印刷分野での枚葉インクジェット印刷機の販売に関するグローバルでの業務提携について合意。
「drupa2024」開幕の前日に当たる5月27日、ドイツのメッセデュッセルドルフでプレスコンファレンスを行い、これを発表した。

今回の業務提携により、CPP社はハイデルベルグ社にB3サイズ対応の枚葉インクジェット印刷機と、B2サイズ対応の枚葉インクジェット印刷機(「drupa 2024」で参考出品、2025年内に発売予定)を提供する。

ハイデルベルグ社はこれらをハイデルベルグブランドで販売。これにより、同社は商業印刷事業者のニーズに応じて、オフセット印刷・デジタル印刷双方の幅広い製品ポートフォリオを提案できる。
また、CPP社の印刷機をハイデルベルグ社の印刷アプリケーション「Prinect」とも連携することで、オフセット印刷とデジタル印刷で異なるワークフローをシームレスに統合したソリューションを提供可能となる。

背景には商業印刷分野での顧客ニーズの多様化や短納期化がある。これによりデジタル印刷へのシフトが見込まれることから今回の提携となった。

キヤノンプロダクションプリンティングホールディングスB.V.
https://cpp.canon/

Heidelberger Druckmaschinen AG
https://www.heidelberg.com/global/en/index.jsp

Copyright © 2024 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.