プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

大日本印刷ら3社 フィリピンで物流配送マッチングサービスの合弁会社を設立 ラストワンマイルを支援


【2022年3月15日】大日本印刷(DNP)、ユニアデックス、Global Mobility Service(GMS)の3社は2月、フィリピンで物流配送マッチングサービスの合弁会社「3Q DASH TECHNOLOX, INC.」を設立した。
これは、コロナ禍で一層拡大する物流需要と今後の継続的な成長を見据えた施策。

フィリピンでは、物流量の増加に対して、ドライバー不足や都心部の深刻な慢性的渋滞、配送システム整備の遅れなどにより、配送に関する期間やコストなどの多くの課題が顕在化していた。
また、新型コロナウイルスの影響により、オンラインショッピングやフードデリバリーの急激な利用増加もあり、課題がより深刻化していた。
今回の施策は、これらの課題解決と、継続的な成長が見込まれる配送需要を見据えたもの。

新会社では、DNPが開発した物流配送マッチングシステムを、配送マッチングプラットフォームとして荷主企業と配送ドライバーへ提供する。
GMSはFinTechサービスを通じて、トライシクル(三輪タクシー)ドライバーへの就業や生活向上のサポートを行っており、新会社では主にこのドライバーが荷物の配送業務を担う。

新会社は、サービスの提供、荷主には手配業務負荷の軽減、ドライバーの確保、期間の短縮、適正な料金の実現などを提供。ドライバーに対しては、新たな就業機会を創出し、収入増による貧困問題の解決や生活の向上のサポートなどを図っていく。

 

参加各社の紹介

ユニアデックスは、中国および東南アジア6カ国の関連会社と連携し、海外に進出する日系企業が安心して利用できるICT環境づくりを支援する企業。2001年には、フィリピンに「Netmarks Philippines, Inc.」を設立し、ITインフラ環境の実現に向けた総合的なサービスを提供している。

GMSは世界の貧困層/低所得層の約17億人の信用創造を行う金融包摂型FinTechベンチャー。GMSが開発した「MCCS(Mobility-Cloud Connecting System)」で収集した車両データと、金融機関との連携によって取得した金融データを分析。ドライバーの信用力を可視化し、従来の与信審査は通過できなかった人に向けて、ローンやリース等の金融サービスを活用する機会を提供している。

 


Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.