プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

「キシリトールガム<Xミント>」が「第42回木下賞 新規創出部門」を受賞 200万種類のパッケージ話題に ロッテ、凸版印刷、日本HP


【2018年6月19日】ロッテと凸版印刷、日本HPの3社は、「キシリトールガム<Xミント>」で、日本包装技術協会が主催する「第42回木下賞新規創出部門」を受賞した。

木下賞は毎年、優秀な包装の研究・開発に、改善・合理化、新規分野創出に顕著な業績をあげた技術や製品を表彰する包装業界のアカデミー賞的存在。

キシリトールガム<Xミント> HP 凸版印刷 ロッテ

「キシリトールガム<Xミント>」は、ロッテが2017年5月に販売した20周年記念デザインパッケージの商品で、200万種以上すべてパッケージデザインが異なる同一商品を日本で初めて実現した。
ベースデザインは、羽生結弦選手や小松菜奈さん、ヤバイTシャツ屋さんなど、多種多様な才能を持つ20代の若者たち20組が行い、すべて異なるパッケージという日本初の展開が話題となった。

印刷は日本HPが提供する「HP Indigo 20000デジタル印刷機」とデザインソフト「SmartStream Mosaic ソリューション」で行い。
軟包装パッケージングは、凸版印刷が持つ情報加工技術とフィルムへのデジタル印刷やコンバーティング技術を融合させた「トッパンFPデジタルソリューション」を活用している。

今回の受賞は、これらの技術と新たなマーケティング手法の確立と技術革新性が評価されたもの。

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.