プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

コニカミノルタ パナソニックから産業用IJヘッド事業を譲受 補完関係でラインアップを拡充


【2018年6月6日】コニカミノルタはこのほど、パナソニックおよびパナソニック プレシジョンデバイス(PPRD)から、産業用インクジェット(IJ)ヘッド事業に関連する設備資産と技術資産を譲受した。
イメージ

コニカミノルタでは今回の狙いを「PPRDの保有するMEMS技術および薄膜PZT量産工程の獲得により、産業印刷分野向けの高解像度IJヘッド開発を加速し、IJヘッド・コンポーネント事業の展開力、開発力、商品力を強化することにある」としている。
また「PPRDの製品ラインアップはコニカミノルタが得意とする製品カテゴリと補完関係にあり、その獲得によりコニカミノルタの産業用IJヘッド事業におけるラインアップが拡充される」との考えを示している。

なお、PPRDの既存のユーザー(IJプリンターメーカー)への製品供給およびサポートは、コニカミノルタが実施する。

問い合わせはコニカミノルタ 材料・コンポーネント事業本部IJコンポーネント事業部 営業部(☎042-589-3701)まで。

コニカミノルタの既存IJヘッド
https://www.konicaminolta.jp/inkjet/products/inkjethead/index.html

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.