プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

リコージャパン カシオから「POP ソリューション事業」を引き継ぐ 営業権・保守サービス・資産・人員が移動


【2018年5月29日】リコージャパンはこのほど、カシオ計算機グループから「POP ソリューション事業」の譲渡を受けた。

今回の譲渡契約で、リコージャパンは、カシオ計算機とその子会社のカシオ情報機器が所有するPOP ソリューション事業の営業権、保守サービス、関連する資産および人員を譲り受けることに合意した。
イメージ

これにより、カシオが展開してきた20年以上にわたる店内プロモーションのノウハウとリコーの基盤事業であるオフィスプリンティングの画像技術が融合。表現力豊かなPOP 広告の制作が可能となり、個性的な店舗づくりと売り上げの向上に貢献できるという。

リコージャパンでは6 月から、POP ソリューション事業を展開し、カシオから継承したユーザーをはじめ、流通・小売業の保守サービスと消耗品の提供に加え、POP 広告制作アプリケーション「MightyPOP シリーズ」と、リコーの豊富なラインアップのプリンタを拡販する。

合わせてデジタルサイネージをはじめとした流通小売業のお客様向けのソリューションを展開。国内で拡大が見込まれるインバウンド需要による多言語対応や、消費増税に伴う価格表示変更の対応を進めている流通小売市場のニーズに応える。

同事業を新たに展開することで、リコープリンタの拡販を中心に5 年間で100 億円の売り上げを目指す。

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.