プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

小森内覧会特別セミナー「Impremia IS29」導入 オフ以上の色域! その使い道は? 廣済堂制作部 中村和久部長


【2018年3月2日】小森コーポレーションは3月1日と今日2日(金)、茨城県の同社つくばプラントで内覧会「OPEN NEW PAGES SHOW 2018 」を開催している。

初日には、最新のデジタル印刷機、オフセット印刷機のデモンストレーションに加え、廣済堂制作部の中村和久部長による特別セミナーが行われた。

中村部長は「デジタル印刷だからこそ実現できる 新しいビジネスチャンスのために」のテーマで、昨年導入した小森コーポレーションのUVインクジェットプリンティングシステム「Impremia IS29」について語り、「デジタル印刷に対して、クリエイターも印刷会社も保守的になってはいないか?」と呼びかけた。

【関連記事】小森コーポレーション 内覧会「OPEN NEW PAGES SHOW 2018 」を開催中! 最新オフ機・デジタル機を展示 他社ワークフローとの連携も

 

特別セミナー

「デジタル印刷だからこそ実現できる 新しいビジネスチャンスのために」
廣済堂制作部 中村和久部長

当社には身近にデジタル印刷機のHP「Indigo」と富士フイルムの「JetPress」あった
そこで小森コーポレーションの「Impremia IS29」をテストし、3機種を比較し、以下のことから導入を決定した。

「用紙対応力」
「両面ワンパス印刷」
「カラーマッチンク」
「色調の広さ」
「印刷品質の高さ」

デジタル印刷機に関して勘違いしてはいけないのが「品質は高くないが、小ロットの対応力が高い」という考え。
「Impremia IS29」は色校正に使えるほど色域が広く、オフセット印刷以上の高品質を持っている。

その高品質のデジタル印刷機だが、導入しても稼働がついてこなかった。

そこで、この広い色域を必要としているのは誰かと考えた時、クリエイターなら使ってくれると思い声をかけた。
使用していただいたのはブックデザイナーの佐藤亜沙美さん、そしてイラストレーターの珈琲貴族さん。

印刷した結果は「CMYKを使い、製版をして出すオフセット印刷よりすごくできがいい」という声をいただき、オフ出身の私としては複雑な気持ちになっている。(笑)

これまで、クリエイターの方たちに「デジタルってどう?」と聞くと「私の作品ではダメ。使わないで」と返答されることが多かった。しかし「Impremia IS29」で印刷すると「全然問題ない。むしろきれい」と評価が変わる。

ここで気づきがあったのは「クリエイターはデジタルを否定していない、低品質を否定しているだけ」ということだ。
さらに「デジタル印刷に対して、クリエイターも印刷会社も保守的になってはいないか?」という思いがわいてきた。

デジタル印刷技術の利活用こそ廣済堂のイノベーション。「Impremia IS29」で、「作る側も、受け取る側も、感動する印刷」を目指して新たな印刷表現の世界を実現していきたい。

 

2月は「Impremia IS29」で約760件のジョブをこなしたが、これでは1件1万円としても、とても食べていけない。しっかりと稼働を増やしていきたいと思う。

【関連記事】
小森コーポレーション 内覧会「OPEN NEW PAGES SHOW 2018 」を開催中! 最新オフ機・デジタル機を展示 他社ワークフローとの連携も

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.