プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

NTTドコモら4社 世界初・環境変化で広告を切り替える車内サイネージを開始


【2019年11月12日】NTTドコモ(ドコモ)、埼玉高速鉄道、ビズライト・テクノロジー、LIVE BOARDの4社は11月中旬から、世界で初めて電車内でリアルタイムな環境変化に応じて動的に表示内容や広告を切り替えることができる「ダイナミックDOOH(Digital Out Of Home)」事業を開始する。

「ダイナミックDOOH」は、ビズライト・テクノロジーが開発した車両内のデジタルサイネージ「ダイナミックビークルスクリーン」を活用したもの。
「ダイナミックビークルスクリーン」は、カメラとIoT機器を搭載して電車内の混雑状況や温度・湿度などをAIで解析。車両内外の環境変化に応じた広告や情報をドコモのLTE回線を使用してリアルタイムに表示する。
また、LIVE BOARDが配信する日本初のインプレッション販売型のDOOH広告も表示する。

「ダイナミックビークルスクリーン」は、2019年11月中旬から埼玉高速鉄道車両内に順次設置され、2020年4月から全車両に搭載し、本格営業を開始する予定。

 


Copyright © 2019 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.