プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

調査レポート「産業用ラベルの世界市場の分析 (2022年)」の販売開始 2026年には673億4000万米ドルに達すると予測 グローバルインフォメーション


【2022年9月24日】グローバルインフォメーションはこのほど、調査レポート「産業用ラベルの世界市場の分析 (2022年)」の販売開始した。

このレポートによると、産業用ラベルの市場規模は、2021年の484億米ドルからCAGR9.7%で成長し、2022年に530億8000万米ドルとし、さらに2026年には673億4000万米ドルに達すると予測されている。

産業用ラベルの主な種類は、警告ラベルやセキュリティラベルやブランディングラベル、耐候性ラベル、設備資産タグなどがある。

原材料の種類としては、金属ラベル、プラスチックやポリマーラベルがあり、感圧式や糊付け式、熱転写式など、さまざまなシステムがある。
印刷技術には、デジタル印刷やリソグラフィー、フレキソグラフィー、スクリーン印刷などがあり、輸送、建設、自動車、耐久消費財などのエンドユーザーで使用されている。
2021年の産業用ラベル市場では、アジア太平洋地域が最大地域となり、同時に今後最も急速に成長する地域であると思われる。

米国の政府機関である商務省国勢調査局によると、2021年第3四半期、電子商取引の売上高は2020年第3四半期より6.6%増加したことが報告された。

戦略的パートナーシップは、産業用ラベル市場で人気を博している重要なトレンド。市場で事業を展開する主要企業は、その地位を強化するために提携を進めています。例えば、2022年1月、モバイル、デスクトップ、産業用印刷、ラベリング、安全標識のソリューションを提供する米国のブラザーモバイルソリューションズは、バーコードラベルソフトウェアソリューションを提供する米国のTEKLYNXと提携した。

レポートの詳細は以下から
https://www.gii.co.jp/report/tbrc1107203-industrial-labels-global-market-report.html

グローバルインフォメーション
https://www.gii.co.jp

 


Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.