プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

凸版印刷 農家と顧客をマッチングする「ジモノミッケ!」を開発 会津若松市で実証実験を開始


【2022年7月11日】凸版印刷はこのほど、農産物の生産者と、宿泊施設や介護施設、飲食店など地域の顧客を専用のアプリ上でつなぎ、生産情報と需要情報をマッチングするプラットフォーム「ジモノミッケ!」を開発した。

また同社は、このプラットフォームのユーザビリティと事業性を検証する実証実験を、7月11日から福島県会津若松市とその近隣地域で実施。実証実験には、農産物生産者30社と、宿泊施設、介護施設、飲食店、食品加工業者、小売店など30社が参加する。

実証実験は、AiCTコンソーシアムの「食・農業ワーキンググループ」活動の一環として行われるもので、凸版印刷は「地域内流通DXとフードロス削減による農業再活性化プロジェクト」の責任事業者を務める。

「ジモノミッケ!」は、直感的に操作できるインターフェースが特長。生産者は「供給(サプライ)情報」、実需者は「需要(デマンド)情報」をPCやスマートフォンから登録可能。「入札」や「落札」などマッチングの状況はリアルタイムで確認できる。

また、マッチング後は、指定日時に専任の配達員が生産者の軒下で農産物を集荷し、AIルーティング機能により算出された最適なルートを通って実需者に納品する。無線通信タグを貼付したコンテナによるトレーサビリティ・温度管理ができる仕組みを導入し、安全な物流体制を構築している。
このほか、現在「最適な取引相手を自動マッチング」や「都市OSとデジタル地域通貨との連携 」を開発中。

今後、凸版印刷は、「ジモノミッケ!」を活用した会津若松市及び近隣地域での実証実験を通じ、2023年度を事業化。2030年度までに卸売市場など50拠点への導入と、「食農需給マッチングプラットフォーム」関連事業で10億円の売上を目指す。

 


Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.