プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

DMM.makeの3Dプリント事業 5種類の新しい光造形樹脂50~70%オフで取り扱いを開始


【2022年6月8日】DMM.comはこのほど、DMM.makeの3Dプリント事業で、5種類の新しい光造形樹脂(レジン)の取り扱いを開始した。

DMM.make 3Dプリントでは、現在までに23種類の素材を取り扱っており、今回新たに5種類の光造形樹脂を追加した。
光造形樹脂は高精細で滑らかな表面を表現するのに適しており、一般向けでは、フィギュアや鉄道模型など表面のディテールが細かく要求されるものに使用されることが多い素材。透明の素材があるため、工業向けでは、内部構造を確認するための試作品などに活用されている。

今回追加する5種類の光造形樹脂は、従来品の50〜70%割引の価格におさえ、低価格での提供を実現した。
これにより、今まではコストの問題で数点しか注文できなかったものも量産できるようになり「今まで以上にユーザーのものづくりをサポート可能となった」としている。

なお、価格をおさえた分、表面の高精細さや滑らかさは既存品と比べてやや劣るため、用途によって使い分けが必要となる。

DMM.make 3Dプリント
https://make.dmm.com/print/

企業導入事例
https://works.make.dmm.com/

クリエイターズマーケット
https://make.dmm.com/market/

 


Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.