プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

兼松 米国Primera社製ラベルプリンタ「Catalyst」を発売 カッター付きで切り抜きにも対応


【2021年11月25日】兼松はこのほど、国内向けに米国Primera社製カッター付き高耐久レーザーラベルプリンタ「Catalyst」を発売した。

「Catalyst」は、高耐久なラベルを手軽に内製化できるカッター付きのレーザーマーキングプリンタ。
耐久性の求められるラベルの作成を小ロット・多品種で作成するために必要な機能を備えており、ラベルの大きさ・形に応じて、自由にカットも可能。

また「Catalyst」は、使用環境の厳しい条件下でラベルが使用されることを想定し、特別に開発された“CLF”(カラーレーザーフィルム)を採用。追加のラミネートなしで耐UV、耐化学薬品、耐水性に優れ、最大300℃の温度に耐えられるラベルを作成できる。
レーザー加工特有の有毒ガスや粉塵の発生もないため、プリンタ自体の使用環境に制限はない。

この高耐久レーザーラベルは、製品の定格銘版や医療機器用ラベル、自動車、飛行機、船舶の部品ラベルおよび警告ラベル、航空宇宙およびソーラーパネルのラベル、野外用のシリアルタグ、電力設備等のメーター、野外設置製品のシリアルタグなどで採用されている。

なお、「Catalyst」の製品SNSでは、活用事例や各種キャンペーンなどお得な情報を配信予定。

Instagram
https://www.instagram.com/primera_japan/

 

製品紹介動画

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.