プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

ブラザー工業のプリンタ 法人向けサブスクサービス「フラット12」を開始 SHINKOを通じて


【2021年7月15日】ブラザー工業と国内販売子会社であるブラザー販売は7月15日、SHINKOを通じ、搬入・設置からアフターサポートまで付いた法人向け定額プリントサービス「フラット12」を開始する。

この「フラット12」は、月額料金にプリント代金が含まれているサブスクリプションタイプのサービス。
今回は、保守サービスなどを専門に行うSHINKOが代理店となり、卓上に設置できるコンパクトプリンタの利用に加え、搬入や設置、修理などのサポートが月額料金に含まれる。
導入時の初期費用を抑えた上、印刷枚数の上限は年間で設定していることから、月ごとの使用頻度にバラつきがあっても定額で利用できる。また、モノクロ印刷とカラー印刷による料金の変動はない。
インクの補充は、ネットワークでインクの利用状況などを把握し、自動で新しいインクが手配される。

サービス料金は、「プランS 」が¥8,800(印刷上限6,000枚/年)、「同M」が¥9,900(12,000枚/年)、「同L」が¥11,000(30,000枚/年)。

「フラット12」サービスサイト
https://www.brother.co.jp/product/printer/special/flat12/lp01/index.aspx

SHINKOについて
https://www.kk-shinko.com/

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.