プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

スクウェア・エニックス 「ミリオンアーサー」シリーズでブロックチェーン活用の「NFTデジタルシール」を発売 デザインもすべて固有


【2021年3月19日】スクウェア・エニックスは2021年夏、double jump.tokyoとの共同開発で、ブロックチェーン技術を活用した「ミリオンアーサー」シリーズで「NFTデジタルシール」を発売する。


「弱酸性ミリオンアーサー」キービジュアル

NFT(Non-Fungible Token ノン ファンジブル トークン)とは、ゲームのキャラクターやアイテム、トレーディングカードから、アートや権利のデジタル化といったユースケースが期待される代替性のないトークンを表す言葉。

同社初となるNFTデジタルシールは、ブロックチェーンとシリアルナンバーやロットナンバー、購入者の使用状態などが紐づけられており、コピーや複製を不可能にするというもの。
シールの絵柄自体もそれぞれ固有となっており、世界に一つのデザインを所有できるという。

「ミリオンアーサー」シリーズは、スマートフォン向けゲーム「拡散性ミリオンアーサー」から始まった作品群。その後、多くのゲームシリーズやアニメ、漫画などにメディア展開された。

同社では、ブロックチェーンとデジタルエンタテインメントの親和性に注目し、数年前から技術の調査や応用の可能性の検討を行ってきた。
今後、ブロックチェーンを利用し、ゲーム内などでのユーザー間コミュニケーションの活性化などの可能性を模索するとともに、それらを通じた新たなデジタルエンタテインメントンテンツの創出やビジネスモデルの構築を目指していく。

double jump.tokyo
https://www.doublejump.tokyo/

スクウェア・エニックス
https://www.jp.square-enix.com

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.