プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

凸版印刷 低価格ICタグ「SMARTICS-U」の提供を開始 吊り下げ型で陳列棚での増減を感知


【2019年9月9日】凸版印刷は9月から、流通・小売店舗向けに、商品を管理する低価格ICタグ「SMARTICS-U(スマーティックス・ユー)」の提供を開始した。

同社は、リアルタイムに店頭在庫の確認が可能な陳列棚「スマートシェルフ」を提供しており、今回この「スマートシェルフ」に、タカヤ(岡山県)と共同開発で、吊り下げ型の商品陳列什器に対応したタイプを追加した。

製品は、外装パッケージにICタグが貼付・内蔵された商品を「スマートシェルフ」から取り出すと、それを自動で検知し、在庫の減少をリアルタイムで認識できる陳列棚。
従来の「スマートシェルフ」では、アンテナの上に商品を置くことで、商品の有無の検知を行っていたが、吊り下げ型の商品陳列什器に対応タイプでは、吊り下げフックの部分にアンテナを装着し、任意の箇所で陳列が可能となる。

デジタルサイネージとの組み合わせで、商品を手に取った瞬間にデジタルサイネージ上でその商品の説明や関連広告の表示が可能。従来は店員が行っていた、商品の詳細説明や、関連商品の提案業務の省人化を実現する。

今後、凸版印刷は、吊り下げタイプの商品棚に対応した「スマートシェルフ」の読み取り精度の向上や、在庫管理システムのブラッシュアップを進め2020年度以降の発売を目指す。

なお、このサービスは9月11日(水)から13日(金)まで開催される「第21回 自動認識総合展」(会場:東京ビッグサイト)の凸版印刷ブース(南ホール4F・A-84)で展示される。

 


Copyright © 2019 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.