プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

モリサワ 2017年秋の新書体を発表 定番利用から表現性高いフォントまで多彩に


【2017年7月31日】モリサワは2017年秋リリースの新書体を発表した。
モリサワは近年、定番として利用できる書体はのほか、多彩な表現につながる装飾性の高い書体や日本語以外の書体の拡充に努めている。

A1ゴシック
A1ゴシック

今年度は、人気書体のA1明朝の特徴を継承しつつやわらかな表情をもつ「A1ゴシック」をはじめ、モリサワオリジナルの欧文書体で、98の言語と海外の表記ルールに対応する「Citrine(シトリン)」、縦組みの際に言葉によって文字の形が変化する機能をもった「みちくさ」、歴史的な書物の字形を復刻した「きざはし金陵」、活版印刷のインクのにじみを再現した「秀英にじみ明朝」、大胆な筆使いが特徴の見出し用書体「黒曜」を提供する。

黒曜
黒曜

これら17書体は、今秋以降、対象製品を通じて利用可能。各書体の詳細やリリース日は、新書体特設ページで随時案内する予定。

新書体特設ページ
http://www.morisawa.co.jp/topic/upg2017/


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.