プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

【速報③】「プレミアム・インセンティブショー秋2015」形を変える 効果を変える紙と道具


【2015年10月16日】「第52回インターナショナルプレミアム・インセンティブショー秋2015」は10月14日~16日(金)まで、東京都豊島区東池袋のサンシャインコンベンションセンターで開催されている。同展は販促品やプレミアム品、これらにかかわる資機材やサービスに関する見本市。来場者は流通や専門店、広告代理店、セールスプロモーションなどの、バイヤー、プランナー、デザイナーなど。主催はビジネスガイド社。

速報③ではテーマを「形を変える 効果を変える紙と道具」として、紙とその関連のユニークな商品やサービスを紹介する。

板野紙工(2058)は、紙を使ったオリジナルのペーパークラフトを展示した。同社のペーパークラフトは複雑な形を表現可能で、「紙のけん玉」は店頭で目立つ上、実際に遊ぶことができる。自動車をモチーフにしたティッシュボックスも遠目には紙には見えないほど精巧だ。いずれも最小ロットは1000個程度から。

プレミアム JPM2015 114 プレミアム JPM2015 118

同様のペーパークラフトでは速報①でも紹介した千客万来(3010-11)の「ペーパームービングフィギア」もユニーク。
展示物ではぐにゃぐにゃと動く手の形のペーパークラフトを実演。名刺でも、抜き加工により一部が立ち上がる「ポップアップ名刺」も紹介している。

プレミアム JPM2015 009

山陽製紙(4049)の「炭再生紙プロジェクト」は、梅の種やコーヒー・ビール粕を炭化し、再生紙に練りこんだ消臭機能付きの紙をノベルティー化するというもの。
製品ではシューズ・ブーツキーパーやカレンダーが展示されている。

プレミアム JPM2015 106 プレミアム JPM2015 108

トーエイ(3020)は、紙を使ったディスプレイや陳列棚など店舗装飾関連で陳列を行った。製品は1個からでも作成でき、顧客の要望に合わせた機能を付けることも可能。近年は小規模の小売店が店舗ごとにローカライズしたディスプレイを作成するケースもあるという。

プレミアム JPM2015 042

このほか、ヤマト(4008)が、各種スティックのりを展示。ペンタイプで持ちやすい「カラーグルースティック」は、色付きのりを使用しており、塗った範囲がわかりやすく乾くと色が消えることからヒット商品となっている。ブースでは新製品の「蛍光グリーン」を紹介している。

プレミアム JPM2015 085 プレミアム JPM2015 089


◆関連記事
【速報①】「プレミアム・インセンティブショー秋2015」すぐに売れる・配れる面白グッズいっぱい

【速報②】「プレミアム・インセンティブショー秋2015」 グッズをつくる資機材と売る知識


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.