印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

【この人に聞きたい!】すごい!「ラップにかけるペン」はどうしてできた?② エポックケミカル 井本彩子商品開発デザイン係長


【2016年11月14日】今年9月に行われた「第82回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2016」で出会った食品用のラップに文字や絵を描けるペン。
記録はもちろん、飲食店などでは商品にラップを掛けて楽しく演出し、POPなどの代わりに店頭プロモーションに使えると考えた記者は、この商品を開発したエポックケミカルの井本彩子商品開発デザイン係長に話を聞きに行った。

エポックケミカル ラップにかけるペン

その②ではインタビューとともにプリント&プロモーションから「こんなふうに使えるのでは?」という提案をしてみた。

【この人に聞きたい!】すごい!「ラップにかけるペン」はどうしてできた?① エポックケミカル 井本彩子商品開発デザイン係長

意外?当然?こんな使われ方

実際の使われ方ですが、冷凍した食品の日付などを書くというのは、なんとなくわかりますよね。意外に便利なのが「冷凍肉の部位」を書いておくこと。冷凍してしまうと色や形では見分けがつかないものを、区別するメモとして利用されています。
このほかでは、おにぎりの具なども、チャッチャッとラップに書いてしまえば、食べるときに区別しやすいです。

エポックケミカル ラップにかけるペン エポックケミカル ラップにかけるペン

商品のメインターゲットは、20~30代後半の女性。特に小さいお子さんがいるお母さんに使ってもらいたいです。
今はキャラ弁をはじめ、彩りのあるお弁当が流行っていますが、毎日そういったこったお弁当を作るのは難しいですし、私もそうですが「お弁当作りは苦手」というお母さんもいます。

そこで、当社ではこのラップに少し絵を描いて添えることで、彩りを加えることをおすすめしています。

使用できるのは「サランラップ®」だけ?

旭化成ホームプロダクツ㈱の協力を得てテストも行い定着性を確かめたので、当社では「サランラップ®」を推奨しています。特に飲食店の業務用ラップは成分が違うようで、定着しないケースもあります。
もちろん、別のラップでも定着するものもあります。ただ、性能のすべてを発揮するには「サランラップ®」を使っていただくのが一番だと思います。

エポックケミカル ラップにかけるペン

きれいに書くには、まず、ピンとラップを張れる場所で書く。それから使いたいものに巻くときれいに描けます。お皿なんかに巻いてから書くと、とてもきれいな仕上がりになりますよ。

プリント&プロモーションから使い方提案

今年誕生したばかりのこの商品。まだまだ使い方があるのではないかと考え。プリント&プロモーションから使い方や今後のPR方法の提案をさせてもらった。
①ボディーペイント
肌に直接塗れない人や洗い落とすことができない状況の人に、ラップの上から絵を書いて巻きつける。ハロウィーンの仮装でも使えそう?
可能だと思います。きれいにラップを貼り付ければ、絵も鮮やかに出るでしょうし、肌のダメージなどは、ないというのもいいですね。1日しかしない仮装や扮装や、ペイントを落とす場所がない場合にはちょうどいい。服にもつかないですし、お子さんにも安心して活用できます。

エポックケミカル ラップにかけるペン
実際に描いてみたが思った以上にフィットした(笑)

でも、そんなことは当社では誰も考えもしませんでした(笑)。
ちょっと社内で試してみて、大丈夫なら使い方の一つに加えたいです。
②フェイスマスク
ボディーペイントができるなら、フェイスマスクもOKなはず?
お勧めできません(笑)。顔につける想定のテストはしてないのと、窒息の危険があります。また、顔は目があるので、万が一目についた場合は危険ですからね。

img_97436_1
写真は「あおもり美肌フェイスパック」


③室内の装飾
窓にラップを貼ったり、絵画のように飾ったり、重ね合わせてラップならではの表現もできる?
実は展示会のブース装飾なんかでもう使っているんですよ。先日の「ギフトショー秋」では、水槽を表現しました。ラップが透明なのを利用して、水槽とその中の魚などをうまく表しています。ブースではラップだと気づかない方もいらっしゃるほど、できが良いと評判でした。

エポックケミカル ラップにかけるペン エポックケミカル ラップにかけるペン

今考えている中では、額縁のような形のものに貼って、めくっていくことで紙芝居というのがあります。

エポックケミカル ラップにかけるペン

④コンテストの開催
上記の内容から使い方コンテストを行ってみては?
実はすぐにでもコンテストなどは開催したいと思っています。
陶器に書くペンではすでにコンテスト開催していますし、ペンの良さや使い方を考えていただくには、非常に良いと思います。

img_1899 エポックケミカル ラップにかけるペン

今後は多色化 まずは12色を

現在、「ラップに書けるペン」は赤、黄、緑、青、黒、白色の6色をラインアップしています。これはクリスマスやお正月、新入学など季節のイベントを考えたときに必要な最低限の色数です。
%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8%e7%94%bb%e5%83%8f4
色数の追加に関しては、開発部隊が頑張っているので、来年には良いお知らせができると思います。まずは12色を目指して開発を進めています。

海外での展開も、すでにお声がかかっていますが、サランラップ(R)が推奨品なので、この製品があるところという感じになりそうです。

この商品はちょっとだけ生活を楽しくするコニュニケーションツール。
わざわざ手紙を書くのは照れ臭いけれど、ちょっとだけ思いを伝えたいという人に利用してもらいたいですね。

我々はたくさんPRして、各家庭に一本「ラップに書けるペン」があるというという未来を作っていきたいです。

【関連記事】
【この人に聞きたい!】すごい!「ラップにかけるペン」はどうしてできた?① エポックケミカル 井本彩子商品開発デザイン係長


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.