印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

花王がVOCレス水性インクジェット用顔料インクを開発 産業印刷分野に参入 


【2016年3月16日】花王 テクノケミカル研究所はこのほど、VOC(有機溶剤)レス設計で環境負荷を低減した水性インクジェット用顔料インクを開発し、軟包装など産業印刷分野への新規参入を発表した。

VOCレス水性インクジェット用顔料インクは同社が開発を進めてきた「顔料ナノ分散技術」を応用したもので、軟包装分野でのVOCレス印刷を実現する。
さらに、また高画質化にも対応できることを、シンク・ラボラトリーや精工との協業により確認しており、VOCレス設計の水性グラビアインクにも展開できるという。

水性インク専用インクジェットプリンタ
  水性インク専用インクジェットプリンタ

これまでの軟包装フィルム印刷では、高品質な印刷をするために、VOCを使用した油性インク、あるいは水性インクでもアルコールを含むインクを使用していた。このため、印刷工程の中で排出されるVOC量が高くなり、社内や付近への環境対策が必要だった。
新開発のVOCレス水性インクジェット用顔料インクはこれらの課題を解決するものとして期待される。

なお、このVOC(有機溶剤)レス水性インクジェット用顔料インクは今年5月31日から、ドイツ・デュッセルドルフで開催される「drupa2016」で展示公開される予定。
プレスカンファレンス発表は6月1日(15:30-16:00)、展示ブースは(Hall 3 E36)。

問い合わせは花王広報部(☎03-3660-7041~7042)まで。

「株式会社 シンク・ラボラトリー」のウェブサイト

「株式会社 精工」のウェブサイト


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.